2015年4月21日火曜日

ママァ〜〜ジャスキルダマ〜ン

あんなにマン開だったピンクの桜の花ビラも散り、鮮やかな緑に桜の木が染まろうとしています。4月も気づけば2/3が経過しましたね。キング・クリムゾンの能力が身についたのでしょうか?ブログ書きたいな〜とは思ってたんですが、TACOマグを買ってマリスクリップを挿入するのに時間がかかったので更新できませんでした。マリスクリップを開発した人間は許さない。
今回は最近話題のアノ人について。

多分こんなブログを見に来る人は知っているでしょうが、AWSのCQBベストを着、AOR1の旧いコンバットシャツを着ていた方ですね。この写真ではAWSのいわゆる「ペナチェス」を着用しています。珍しい!
なぜこうも最近になって写真が出てくるのか?と思っていたら、彼が関わっているRONIN tacticsというタクトレの組織があって、そこがガンガンアップロードしていました。
そして彼はどこの部隊か?という疑問があるのですが、彼の所属はこのブログでアホほど話題にしているCIFです。少なくとも今は。AORの写真のころもサポートとしてデルタと行動を共にしていたものと思いますが、確証が得られていないのでこういう言い方にとどめます。
なぜ最近はCIFに所属していると言えるのか?これは最近になって発見したんですが、この方はこのブログに一度写真が載せられていました。この記事の三枚目の写真を見て下さい。CIF隊員の画像です。そしてこの写真を見て下さい。

いい笑顔ですね。グリーンチップアンテナなんていやらしいモノ使って…。このCPCの構成をよく見てから、リンクを張った記事の画像を見返しましょう。Cryeのダブル9mmとフラグ、それにメディックシザー…あの写真で後ろに写ってる隊員、同じ装備じゃないか?ということに気づきました。これがCIFだと判断した理由です。
なぜ彼のチームは今に至るまでこんなにもデルタちっくな装備をしているのかは謎です。前も書きましたが、なぜCryeなのか?という問に「自由だからさ」みたいな回答が来たぐらいなので、とにかく支給された…そういうことなんでしょう…

割りと最近でもAWSのペナチェスを使うそんな彼。彼のAWS推しは止まりません。

メロイックサインとかじゃなくてピースサインなのがかわいい。そんなことはおいといて、このチェストです。おそらくAWSのRECCE/ SNIPER Chest Rackというもので、ファステックスがあるので1961的な何かなのかと思ったんですが、ファステックスを追加しているだけっぽいですね。それにCryeの330DのM4やら40mmやらをモリモリモリ…腰のポーチはマルチのパラクかよ…と思ったのですが、もしかしたら先ほどの浪人戦術(日本語だと聞こえがわるい)製ポーチかもしれないですね。
あとこの記事の三枚目の写真はおそらく彼のチームなんですが、ヘルメットについているこのパッチは浪人戦術(日本語だと以下略)でも販売されているんですね。その関係で貼っている…こういう感じにパズルのピースがはまっていくととっても気持ちいいですね。パンプアップはセックスより気持ちいい(シュワルツェネッガー談)。

それとこの浪人戦術ではJPCのパクリスペクトを感じるRonin Assaulter Liteというプレキャリを販売していて、これがなかなかいい感じなんです。
特に感動したのが背面。

ジッパーで装着できる縦MOLLEのパネルだ!!! フロントのパーツを引き剥がしてスリックとして、リアを取り外してRUCKとして、様々なスタイルで使えるみたいです。
宣伝動画も存在していて、彼がこのキャリアのそうしたいいところを力説しています。
あとちょっとした小物が入るビッグIRパッチなど、なかなかいい商品を展開しているんですがひとつ気に入らないのが、ロゴが中国風なのにRONINを名乗っていることですね。



CIFってだけで今回の記事とは特に関係ないですが、ACUにRAVもカッコいいなぁとおもいました。


0 件のコメント:

コメントを投稿