2015年2月20日金曜日

人の顔は非対称のほうが美しいらしい。

寒いですね。家の近くの公園にはたまに中学生カップルがいるので、冷やかしてやろうと思ったのですが居ませんでした。冷えていたのは僕の心でした。
今回はAsymmetric Warfare Groupについて装備中心に書きます。AWG!!!
名前の通り非対称戦争に特化したグループで、Training and Doctrine Command(TRADOC)というところに所属しています。
装備を見ていくとわかるのですが、SOCOMやUSASOCに所属していないのが不思議なぐらいです。基地はFort BraggでもないFort George G. Meadeです。
彼らのモットーは"Think. Adapt. Anticipate."です。「考えろ。順応しろ。予期しろ。」ちょークールですね!

まずはUCP時代から。マルチと微妙に被ってる年代もありますがご了承ください。
このころ時代によく見られるウェアはやはりparacleteのSOF BDUですね。肩のベルクロとパンツのフロントポケットが特徴的です。わりと最近知ったんですが、このBDUジャケットのフロントはベルクロのみでの開閉なんですね。おはだけしやすそうです

でも普通にACUもアリだったり。

さらにCryeのUCPカラーのコンバットシャツ・パンツ ACだったり…。チョーかっこいい…流れ石だねリュウセキだね流石だね。
これを見てなんか見覚えあるな?と思った方は陸特ファンですね!!大好きです。

10th SFGのドイツでの訓練画像です。この時は多分この二名ぐらいが同じ型であろうUCPのコンバットパンツを着用していました。欲しい・・・。ちなみにスパンデックスのところがFGの奴はこれとはまた別だと思います。空挺?とかに配備されたとか聞いたことあったような…

ParacleteのUCPカラーのRMVというフラップ付きのRAV型のアーマーを良く着用していますね。ポーチもそれに準じたパラクのポーチが多いです。Pre-MSAのスモークグリーンっぽいRAVも着ています。右の一般兵ぽい人のニット帽にIRパッチカッコいい!
ちょっと画像検索していただけるとわかると思うんですが、例外的にODやUCPのイーグルのプレートキャリア(いわゆるMBAVと同形のもの)も確認しています。

メットはいわゆるTC-200x系ならなんでも使ってる気がします。画像を見てゆく限りでは、いわゆるハイカットが一番多いと思いました。それらにANVISを直付が一番多いです。官給ブラケットにアダプタかませてANVISつけて…ってやると超邪魔ですもんね!まぁそうしてる隊員もいるんですが…。
そしてUCP時代でもっとも特徴的なのが、HK416の使用です。HK416はDEVGRUやCAGが使っていることで有名ですね。限定したテスト的な使用だったのでしょうか?バレルは14.5インチばかり見ます。短いのは見たこと無いです。
でもこんなライフルを使ってるわりにオプティクスはACOG TA-11がとっても多いんですよね。アクセサリー類は一般兵と変わらない気がします。あ、もちろん14.5インチのM4もアリアリです。

上の画像もですが隊員の肩にちょくちょくEODパッチが貼ってあるのは、AWG自体が2003年に組まれたIED対策のタスクフォースを起源とすることと関連があると思われます。
組織は5大隊からなり、Able・Baker・Charlie大隊が実動部隊、Dog大隊が構想の統合(ここがよくわからないんですが、計画立案などの仕事でしょうか?)Easy大隊が選抜と訓練を受け持ちます。
具体的な仕事内容は非対称戦争についての指導や、非対称戦争を研究しその脆弱性をつくようなお仕事をしているそうです。一般兵と同じ迷彩服で固めるのも納得がいきますね。


続いてマルチカム時代。一般部隊のOCP支給に合わせてマルチカムの着用が増えてきます。年代もぴったり2010~ぐらいです。

ヘルメットはOps-coreのBallisticに更新されました!でもANVIS使い続けています。オートゲイン?オートゲート管がそんなにいいのか!実物NVG覗いてみたいなー。
これマウントをよく見てもらうと、ANVISの下にかませてる板が陸特とちょっち違うのがわかると思います。陸特のやつは台形?のような形です。こういうの。
んでもってプレートキャリアはCrye PrecisionのCBのCPCになりました。お洋服もCryeのACです。色はもちろんモーティキャム!

2013年の写真。鉄砲はM4になりました。DDの長い方のRIS2で、オプティクスはTA-31になっていたり。Gunfighterカットのヘルメットも現役で使われています。

こういうのも使っていたり。最近3rd SFGでチラホラ見るFSPですね!迷彩とプレートキャリアがこの色の合わせだと英軍特殊みたいでカッコいいです。

ということで画像を沢山使って簡単な装備解説の記事を書いてみました。コレを見てすこしでもAWGやりたいって人が増えたらいいなと思います!えっ僕はまだやらないですよ…そのうち… だってCBのCPCとか使いまわせるのMARSOCぐらいじゃないですか…。


あとAWGと全く関係ないんですがメイフラワーのFBにアップされてたコレ。というかこれを載せたかったからブログ書きました。
うわっMulticam Aridだ〜と思って眺めてたんですが、これシャツのベルクロはGen2ですよね。オ●パ●ツですか!!!

う〜〜ん陸特なんですかね…?? いやはや、Cryeはメッチャ儲かってるんだろうなぁ…





3 件のコメント:

  1. コメント失礼します。
    AWGやりたいなと思って探したところ、こちらのブログにたどり着きました。2つお聞きしたいことがあります。
    まず火器についてです。AWGではHK416が試験的に使用され08年頃?にM4に戻ったそうなんですが、UCPからOCPへの過渡期にはHK416は使用されていましたでしょうか?もしミリフォトなどで何かありましたら教えて下さい。
    もう一つはプレキャリについてです。こちらのブログで紹介されているもの以外にAWGで使用例があるプレキャリがあれば教えて下さい。
    当方OCPで米陸一般やっていた程度で知識も乏しいですが、よろしくお願いします。
    長文失礼しました。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。
      1.過渡期のHK416の使用について
      私が収集している画像の中では、過渡期ぐらいの時期でHK416の使用は無いように思います。(正直なところ、全期間で見てもHK416を使っている写真は案外少ない気がします…。)

      2.ブログに載せた以外のプレキャリ
      ・OD、RG、UCPのEagle MBAV。後期UCP~2010年前後のマルチカム時代のイメージです。画像はあまり多くないです。
      ・マルチカムのCrye CPC。資料の数で言えばCBカラーの方が圧倒的に多いです。
      ・CBのCrye JPC。今年の訓練で突然画像が出てきました。AWG公式FBが大いに参考になると思います。
      時系列でまとめるとざっとこのぐらいでしょうか。個人的にはUCPのRMV?かCBのCPCの二択だと思います。
      コメント者様が納得のいく装備を組めることを願っております。

      削除
    2. 早速の返信ありがとうございました。
      AWGの公式FBですね。当たってみたいと思います。
      本当に参考になります。ありがとうございました。

      削除